維新流トレード術

テクニカル分析の王道といわれるトレンドフォローを徹底的に研究したトレード術、それが維新流トレード術です。維新の介はトレンドフォロー以外のトレードをすることはありません。

維新の介はそのトレード人生のすべてをトレードの上達に費やしてきました。どうすればリスク・リワード比のいい場所でエントリーできるのか、相場を形作る大衆心理の流れはどちらを向いているのか、自分のトレードの中で理にかなっていないものはなかったのか。探求し、記録し、検証をしつづけた8年間。維新の介は、決して目先の小銭を追いかけて8年を無為に過ごしてきたわけではないのです。

このようにトレンドフォローのみを探求し、利益を上げつづける維新の介のその姿は、愚直に武の道を極めようと鍛錬を続ける武道家の姿を彷彿とさせました。

そうして、いつしか維新の介のトレード技術は、武道になぞらえて維新流トレード術と呼ばれるようになっていきました。

その維新流トレードを学ぶトレーダーの数は5万人(※)を超え、さらに毎月1000人以上のトレーダーが維新流の門を叩いています。(※ 維新の介の著書『維新流トレード術』2016年5月18日現在の発行部数は5万8309冊)

維新の介自身は、トレード技術を向上させるひとつの方法として、人に教えることを挙げています。他人に根拠を説明のできないトレードは再現性に乏しく、安定して利益を上げ続けることができないからです。

維新流トレード術として己のトレード理論を体系化し、多くの人々に伝えるなかで、維新の介自身も日々成長しています。よりシンプルに、より高精度に。維新流トレード術は今もなお、進化を続けています。

インベストメントカレッジでは、この絶え間なく進化する維新流トレード術を多くのトレーダーに習得可能なかたちにするため、日々投資教育プログラムの研究を続けています。