講座紹介 Weiss Ratings

Weiss Ratingsとは?

利益相反のない唯一の格付け機関

1971年に創業、独立性、客観性、高い倫理観、安全性といった5つの重要な項目を提供する米国で唯一の金融格付け会社です。53,000もの機関、および金融商品の格付けを発行し、「世界情勢の変化に対応しつつ安全に資産を増やす」事を目的とした「セーフマネー」レポートや、企業の“格付け“情報に基づいて積極的にリターンを狙って行く「パワーエリート」レポート等、投資家に向けた様々なレポートを提供している。

Weiss Ratingsは、ムーディーズ、スタンダード、プアーズ、フィッチなどの発行者支払いモデルに基づく信用格付機関(企業から依頼料を受け取って格付けを行う)とは異なり、企業等の発行者やスポンサーからのいかなる種類の補償も受けていません。その唯一の収入源は、消費者、投資家、その他のエンドユーザーへの格付けと調査レポートからの収益によるものです。Weissは、公的に入手可能なデータにのみ基づいて“格付け“評価を公開する権利を留保しています。企業側の要求や干渉によって“格付け“の公開を抑制するものはありません。また、発行者からの広告も受け付けていません。これが、創業1933年の米国雑誌エスクァイアが「Weissが利益相反のない唯一の[格付け機関]である」と書いた理由です。