オンラインリスク

FXはオンライン上での取引がメインとなるので、チャートソフトを動かしているパソコンが故障したり、インターネット回線に接続できなくなるといった機器的なリスクが存在します。

チャンスが来ているのにチャートソフトが開かずに取引ができないといった場合はまだマシなほうで、ポジションを持って損切り注文を入れる直前にパソコンがフリーズとなると目も当てられません。

昨今は、どこのFX業者もスマートフォンアプリでのチャートソフトを提供しているので、パソコンと固定回線のインターネットが停止したとしても、スマートフォンからポジションを決済するという緊急対応もやりやすくなっています。