ダウ理論

ダウ理論は、FXや株式などチャート市場での値動きを評価するための理論で、19世紀アメリカの証券アナリストであったチャールズ・ダウが提唱した6つの基本法則です。ダウ理論の名称は、チャールズ・ダウ氏の名前に由来しています。

100年以上前に提唱されたテクニカル分析の元祖でありながら、いまだダウ理論は最も重要なテクニカル分析手法のひとつです。

一般的にダウ理論というと、⑥『トレンドの転換は明確なシグナルが出るまで継続する』で示される、「高値切り上げ・安値切り下げ」「高値切り下げ・安値切り下げ」を指すことがほとんどです。

ダウ理論6つの基本法則

  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドには3種類ある
  • 主要トレンドは3段階からなる
  • 平均は相互に確認されなければならない
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドの転換は明確なシグナルが出るまで継続する