流動性リスク

流動性とは、買いたい時に変える、売りたいときに売れる、ということをいいます。

売りたいときに売れるということは、常に買いたい人が存在するということであり、流動性が豊富でなければそういった状態にはなりません。

流動性が高い通貨は、基本的に取引が活発で売買が容易に成立します。反対に、流動性が低い通貨は、注文に応じることができる市場参加者が少ないため、売買が難しくなる可能性あり、最悪決済できないという状態も起こりえます。

流動性リスクを抑えるには、流動性の高いメジャー通貨で取引することです。