トレール注文

トレーリングストップ注文ともいい、損切りで使う逆指値の注文が指定した一定の値幅で追尾して切り上がっていく注文方法です。

相場がうまく伸びていけば、損切りラインが建値ラインよりも上に切り上がるので、たとえ急な変動が起きたとしても、利益を確保できます。

チャートに張り付いていなくても利益を狙えるため、忙しいトレーダーには便利な注文方式です。

トレール注文は放置に便利な反面、追尾する値幅が一定のため、長い時間かけてじっくり伸ばしたいと思っていても、ちょっとした押し目で利確されてしまい、その後大きく伸びて悔しい思いをするといったことも起こりえます。

どのくらいの時間放置するのか、伸びる見込みのある相場なのか、ポジションサイズと許容リスクは適切か、トレールする値幅をどう判断するのか。的確なトレール注文を実現するにはこういった様々な要素を検討しなければいけないため、使いこなすには修練が必要です。