デモトレード

デモ口座で仮想的なお金を使って行うFXトレード。

現実の相場と同じ動きがリアルタイムで反映されており、リアルなお金か仮想のお金かという違い以外は、ほぼ本番通りの環境で取引できます。

相場の流れを把握する練習だけでなく、チャートソフトの操作を覚えるためにもデモトレードでの練習は必須です。中には、実際には相場が動いていない土日でも、仮想レートで操作の練習ができるようにしている会社もあります。

たとえば、IF-DONE OCOのような複雑な注文形式をいきなり本番で試すのは考えものです。設定を間違えないように、それぞれの注文がどういった挙動をするのか、これらを事前にデモで確認して操作に慣れておくことで、本番での発注ミスを防ぐことができます。

現金でないので心理的にラクであることや、スリッページがなく確実に約定されるなど、デモトレードのほうがリアルトレードよりも圧倒的に有利です。そのため、デモで利益を出すことができなければ本番で利益を出すことはほぼ不可能です。本番トレードに挑戦する前に一定期間デモトレードで練習し、利益を出せるようになってから現金を投入するべきです。

FXでは、ほぼすべてのFX会社でデモトレードが実施できますが、株のデモ環境は多くありません。また、株はFXと違い、チャート反映がリアルタイムではありません。

FXトレードの優位性の一つに、デモトレードによる練習環境が株や先物に比べて充実しているという点が挙げられます。